[Python] 基礎-4 文字列処理

1.文字列データ

文字列データ:シングルまたはダブルクォーテーションで囲む ’・・・・・・’ OR “・・・・・・”

エスケープ文字

バックスラッシュ「\」+文字で特別な意味を持つ文字(制御文字など)を表す
注:バックスラッシュ「\」は円マーク「¥」で表示されることもある

エスケープ文字意味
\’シングルクォーテーション
\”ダブルクォーテーション
\tタブ
\n改行
\\バックスラッシュ

raw文字列

r」で始める
r’任意の文字列(エスケープ文字を含んでもよい):そのままの文字列として扱われる

複数行

三連クォートで囲む:”””・・・複数行・・・””” OR ’’’・・・複数行・・・’’’

2. インデックスとスライス

文字列全体を、構成する各文字を要素とするリストとして扱う。インデックスを使って文字単位、スライスを使って複数文字の範囲単位でアクセスできる。

文字列Hello world!
インデックス01234567891011

3.文字列データに対する演算

演算

: 結合、:繰り返し

in / not in 演算

検査文字列 in 検査対象文字列  ⇒ 戻り値=True/False
検査文字列 not in 検査対象文字列  ⇒ 戻り値=True/False

4. メソッド(文字列データ専用の関数のようなもの)

  メソッド 内容
upper()大文字に変換
lower()小文字に変換
isupper()(検査) すべてが大文字のときTrue
islower()(検査) すべてが小文字のときTrue
isalpha()(検査) すべてが英文字のときTrue
isalnum()(検査) すべてが英字または数字のときTrue
isdecimal()(検査) すべてが数字のときTrue
isspace()(検査) すべてがスペース、タブまたは改行のときTrue
istitle()(検査) 大文字から始まり他が小文字の単語で構成されているときTrue
startswith(検査値)(検査) 検査値の文字列から始まるときTrue
endswith(検査値)(検査) 検査値の文字列で終わるときTrue
rjust(文字数[,文字])(整形) 指定した文字数に右詰、他は指定した文字*1)で埋める
ljust(文字数[,文字])(整形) 指定した文字数に左詰、他は指定した文字*1)で埋める
center(文字数[,文字])(整形) 指定した文字数に中央揃え、他は指定した文字*1)で埋める
rstrip([文字])(整形) 右端から指定した文字*2)を除去
lstrip([文字])(整形) 左端から指定した文字*2)を除去
strip([文字])(整形) 両端から指定した文字*2)を除去
*1):[,文字]を省略したときは空白で埋める
*2):[文字]は複数の文字を指定してよい。文字列ではなく順不同の各文字として扱う

split()メソッド

対象の文字列を、指定した文字で分割して、リストを返す

例:特許ファミリー ”CN1394363A;EP1274140A;特開2001-291512;WO2001078167A” は、セミコロン”;”で区切られているので、split(“;”)を使うと各国公報番号のリストを得られる

この例の他、以下のような例がある
・複数行の文章から、改行マークによって段落ごとにわけたリストを作成
・複数行の文章から、ピリオド+空白によって文ごとにわけたリストを作成

join()メソッド

リストで与えられる複数の文字列を指定する文字で連結して、長い文字列を返す

例:上の例の逆に、family_listがあるときに、指定した文字(例えば「と、」)で連結する]

replace()メソッド

対象の文字列に含まれる「検査文字列」を「置換文字列」に置き換える

「改行」など特殊な文字(列)も扱える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です