Python奮闘記 目次

《 はじめに 》

 知財情報の分析に強力なツールになると思い、Pythonの勉強を始めました。きっかけになったのは、株式会社ライズの東智朗さんが開催してくださった「知財人のためのPython」です。初心者の私に初歩から丁寧に教えてくださいました。どうもありがとうございました。

 タイトルに「奮闘記」とあるように、勉強している過程をブログ風に記録したもので、みなさまに解説する意図はありません。紹介している「例」も一例に過ぎず、模範解答からはほど遠いものがたくさん含まれていると思います。

 同じようにPythonの勉強を始めたばかりの初心者の方々、これから始めようとされている方のご参考になれば嬉しいです。また、経験者の方々からのアドバイスも大歓迎です。

《 目 次 》

開発環境:Python開発環境の準備 Anacondaのインストール

基礎-1:入出力、データ型、演算、if文、whileループ、forループ

基礎-2:リスト、タプル、辞書 (「配列」に相当するデータ型)

基礎-3:def文(関数定義、サブルーチンに相当)

基礎-4:文字列処理

基礎-5:正規表現

基礎-6:csvファイルの読み込み

基礎-7:EXCELファイルの読み書き

圧縮されたファイルの解凍:csvダウンロードなどで入手した、zip形式で圧縮されたファイルを解凍

csvデータの前処理:EXCELファイルのシート(複数も可)に保存されているcsvダウンロードしたデータに対する、特許分析に適した前処理

ダウンロードしたcsvに対する発明者分析:ダウンロードしたcsvファイルの特許文献リストから、発明者ごとに出願年と件数を抽出

出願人名の名寄せ:csvファイルなどの特許文献リストに含まれる出願人名の名寄せ。(名寄せとは、社名変更などで複数の表記がある出願人名を1つにまとめる作業。)(対応表はマニュアルで作って、文字列処理だけpyhtonに任せる。)