Googleの特許戦略Ⅱ ~X Developmentに着目~

Googleが設立した研究開発専門の子会社Xについて、発明者の職歴から探ってみた

発明者と出願年の関係(上図)から、最近のキーパーソンが浮かび上がってくる。その発明者名で出願人名を限定せずに再度検索すると、過去にどんな発明をしてきた人が、今、キーパーソンを務めているのか、浮かび上がってくる。そんな予測(期待)で分析してみたのだが。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です