[Python] 基礎-7 EXCELファイルの読み書き

1.一般的な流れ

“openpyxl”モジュールをインポート:import openpyxl
Workbookを開く:openpyxl.load_workbook(“ファイル名”)
シートオブジェクトを生成:sheet_obj = workbook.get_sheet_by_name(“シート名”)

2.セルの値の読み書き(cell(row=行番号, column=列番号).value)

〔 値の取り込み 〕
変数 = sheet_obj.cell(row=行番号, column=列番号).value

〔 値の書き込み 〕
sheet_obj.cell(row=行番号, column=列番号).value = 値

3.行/列 単位の扱い( iter_rows() / iter_cols() )

(iteration processにより)1行ごと(1列ごと)に、リストを生成する。

〔 使い方の例 〕

for row in sheet_obj.iter_rows():
for col in range(len(row)):
print(row[col])

4.フォントの指定

〔 流れ 〕
① Font関数をopenpyxlモジュールのstyleからインポート
  from openpyxl.styles import Font
② フォントの指定
  font = Font(name=’フォント名’, size=ポイント数, ・・・)
③ 指定したフォントをセルに指定
  sheet_obj.cell(row=line,column=col+1).font = font

パラメータ説明
nameフォント名/例:’游ゴシック’, ‘Arial’
sizeポイント数/例:「size=10」等整数値で指定
color色を16進6桁の文字列で指定
例:’FF0000’(赤), ’00FF00’(緑), ‘0000FF’(青)
underline下線を文字列で指定/例:’single’
bold太字/例:True, False
italic斜字/例:True, False

5.位置揃え

〔 流れ 〕
① Alignment関数をopenpyxlモジュールのstyleからインポート
  from openpyxl.styles import Alignment
② セルごとにAlignmentを指定
  sheet_obj.cell(row=line,column=col+1).alignment
  = Alignment(horizontal=’left’,
   vertical=’top’,
   wrapText=None)

〔 Alignment関数の引数とパラメータ 〕

    引数パラメータ説明
horizontal‘left’
‘center’
‘right’
左揃え
中央揃え
右揃え
vertical‘top’
‘center’
‘bottom’
上揃え
中央揃え
下揃え
textWrapTrue
None
セル内折り返しあり
指定せず

6.セルの表示形式

〔 流れ 〕
① numbersをopenpyxlモジュールのstyleからインポート
  from openpyxl.styles import numbers
② セルのフォーマットを指定
  sheet_obj.cell(row=line,column=col+1).number_format = 表示形式

    表示形式 説明
‘0.000’小数点以下3桁
#,##0′3桁ごとにカンマ区切り&小数点以下は非表示
‘yyyy/mm/dd’短い日付(西暦4桁/月/日)

7.セルの幅と高さ

〔 セル幅の指定 〕
sheet_obj.column_dimensions[’A’].width= セル幅

〔 セル高の指定 〕
sheet_obj.row_dimensions[1].height = セル高さ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です