[Python] 基礎-6 csvファイルの読み込み

1.一般的な流れ

(1) “csv”モジュールを使った読み込み
“csv”モジュールをインポート import csv
open関数を使ってcsvファイルオブジェクト(csv_obj)を生成
csv_obj.reader ⇒ 行単位(iteratorプロトコル対応)オブジェクトをリスト形式で生成
csv_obj.DictReader ⇒ 行単位(iteratorプロトコル対応)オブジェクトを辞書形式で生成

(2) “panda”モジュールを使った読み込み
“panda”モジュールをインポート import pandas
データ分析用のモジュール・・・いつか使ってみたい

2.”csv”モジュールを使った読み込み

open関数

使い方の例:

with open(path+’\’+csv_A, mode=’r’, encoding=’utf_8′) as csv_obj:

引数     説明
mode“r”: read only
“w”: 書き込み許可
“x”: 排他的。
“a”:ファイルがあるときは追記
encoding 文字コード
 ”utf-8″:日本語
newlineex.: None, ”, ‘\n’, ‘\r’, ‘\r\n’

reader

使い方の例:

with open(ファイル名, mode=’r’, encoding=’utf_8′) as csv_obj:
csv_reader = csv.reader(csv_obj)
header = next(csv_reader)
print(header) 👈 headerはリスト
for row in csv_reader:
print(row[0]) 👈 rowはリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です